タイムレコーダーの変遷

タイムレコーダーの変遷は、発明されたころは紙テープに時間を刻む方式でしたが、のちにタイムカードとプリンタがセットになりタイムカードに時間を印字する方式になりました。しかし、これではだれが打刻したかやどこでで打刻したかなど確認がはっきりとしませんでした。また、タイムカードの集計に手間がかかり給与計算が大変でした。近年では、その機能は飛躍的に伸び、様々な形で本人の認証と時間の打刻がなされています。

例えば、就業時にICカードや磁気カードにより本人認証や打刻をし、正確な打刻記録の収集をします。また、先端技術として生体認証方式があり、指静脈認証という仕方も開発されています。タイムレコーダーはまた、出退勤の管理としてGPSを利用しすることで位置情報を確認し、本人が本当に派遣先に出勤したかなどをチェックできるシステムもあります。マンションの管理人の管理に有効です。

タイムレコーダーは就業の管理だけにとどまらず、セキュリティ管理の厳しい部屋への入退室の管理にも使用されます。鍵としてIDカードによる方式やタグを持っていればハンドフリーで入退室ができる方式などがあります。また、危険なエリアへの立ち入りを検知するとアラームが作動したり、リアルタイムでだれがどのように何時に移動したかなど分かるようになっています。いまやタイムレコーダーは単独での使用にと止まらず、業務全体を把握するシステムの中に取り入れられることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*