タイムレコーダーの種類について

会社にとって勤怠管理は重要なテーマの1つです。いかに効率よく勤怠管理を行うことができるかどうかが常に求められていると言えるでしょう。勤怠管理のためには様々な方法がありますが最も普及しており採用されていると言えるのはタイムカードです。専用のタイムカードタイムレコーダーに差し込むだけで勤務時間が打刻されると言うシンプルな仕組みは小規模な事業所から中程度の事業所まで幅広く活用することができる便利なツールです。

一般的にタイムカードはコストパフォーマンスが高い勤怠管理の方法として知られています。しかしながら一口にタイムレコーダーといっても様々なグレードが存在しています。安いモデルの場合には紙のカードに時刻を打刻することしかできないケースが少なくありませんが、よりグレードの高いタイムレコーダーの場合には打刻した時間をデータとして保存しておくこともできるモデルがあります。規模が大きくなって数100人規模の労働者を管理しなければならない場合などにおいては、データで取り出すことができるということが非常に助かる場合があるのです。

タイムレコーダーから直接Excelベースで蓄積された勤怠管理のための情報を取り出せるという特徴があるモデルを採用する場合、タイムカードであっても非常に効率の良い勤怠管理が行えるようになると言えるのです。このようなモデルがあることを知っておくことにより最適なモデルを選択することができるようになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*