タイムレコーダーの選び方

勤怠管理のためにタイムカードを導入する企業は少なくありませんが、そのために使用するタイムレコーダーをどのようなものにするのかはしっかりと比較検討して決めるようにすべきものです。タイムレコーダーと一口に言ってもその種類には様々な物があるのです。安い価格で販売されているものはシンプルに時刻の打刻のみを行う機能しかないものが多いのですが、高価なレコーダーの場合には多機能になるのが一般的です。タイムレコーダーについて知識が無いと安いものを購入してしまいがちですが、勤怠管理を行うに当たってはどのような機能をいつ用としているのかをあらかじめはっきりとさせておくことが大切になります。

例えば高性能なレコーダーの場合には単なる時刻の打刻機能だけではなく、時間の集計機能や蓄積したデータをエクセル形式で扱うことの出来るファイルとしてエクスポートできる機能を搭載しているものもあります。この様な利便性の高さが高性能なレコーダーの魅力であると言えるのです。一般にタイムカードは小規模な職場で活用される勤怠管理の方法として知られていますが、ある程度の人数が増えてくるとそれなりに手間がかかるようになってきます。従業員一人一人に一枚のタイムカードが生じることになりますので、その効率的な管理の方法が必要になるのです。

少ない手間で勤怠管理が出来るように、何をすれば良いのかを明確にしていくことが非常に大切であると言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*