勤怠管理に必須なタイムレコーダー

人を雇用したさいにはその人の勤務時間などを管理する必要があります。勤務時間を管理することで残業代などの給与の支払いのためのデータとして利用することができ、また労働時間を遵守させる上でも重要です。このような勤怠管理を行うために必須な装置がタイムレコーダーです。タイムレコーダーは、文字通り時間を記録するための装置です。

古典的なものであれば従業員はタイムカードをタイムレコーダーに差し込むことでその時間を印字することができます。タイムカード式のメリットとしては、印字されるため客観的にわかりやすいということですが、デメリットとして誰かが代わりに行うことが可能です。またタイムカードのデータは改めて入力する必要があります。一方で現在の主流となっているタイムレコーダーは、レコーダー側でデータを記録するものが使われています。

この場合には従来通りのタイムカード式のほか社員証をICカード化したものや生体認証や社員番号を入力することでレコーダー側に記録するものなどがあります。これらは出勤時間や退勤時間などのデータをデジタルデータとして記録し保存することができ、それらのデータを使って会計ソフトなど連動させることで会計処理をスムーズに行うことができます。また労働時間を遵守させるためのシステムとしても利用ができますし、そもそもデジタルデータによる保存であればタイムレコーダーを使わないでも離れた場所からインターネットを使って出勤時間や退勤時間を記録するといったことも行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*