タイムレコーダーが企業運営に必要となる理由

企業が自社のイメージを損なわず、業績を向上させるために重要なことは、社員の労働時間を適切に把握することであり、勤怠管理を徹底することです。企業は労働の対価として、社員に賃金を支払いますから、労働時間を適正に管理することが重要ですし、また、それに見合った業績が上がっていないと、無駄な賃金を支払ってしまうことになるのです。一方で、厚生労働省は企業に、社員の労働時間を把握することを義務付けており、その方法として、客観的な証跡が残るものを求めています。しかしながら、オフィスの規模が大きくなれば、社員一人ひとりの労働時間を管理することは、極めて困難ですから、ICカードなど客観的に判断できる機器類により頼ることになります。

さらには、タイムレコーダーを用いることで、社員の勤務実態を記録することが可能となりました。タイムレコーダーは、正しく勤務開始、勤務終了時刻を記録するだけでなく、その間の仕事ぶりを把握できますから、内勤だけでなく、外勤の社員にも有効な手段であると言えます。例えば、運送業など長時間にわたって職場が稼働している場合、管理者が終始、作業実態を把握することは不可能です。タイムレコーダーであれば、作業記録を出力することが可能ですから、後からでも勤務実態を把握できるので、能率の悪い社員に対する指導も的確に行うことが可能です。

企業運営の根幹であるとも言える、勤怠管理を行うことは、企業としての責務を果たすことであると同時に、社員一人ひとりに作業効率を意識させることにもつながります。いくら企業に勤務時間管理を行う責任があるとは言え、社員に勤怠管理に対する、知識や意識を持たせなければ、企業経営は成り立たないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*