タイムレコーダーは中古で十分

タイムレコーダーを会社に導入する場合、高いものを買わなければいけないのではないかと考える人がいますが、実際はそこまでのものを導入する必要はありません。タイムレコーダーを導入するケースとして、ベンチャー企業など、新たに会社を興した場合やタイムレコーダーがなくても管理できた場合などが考えられます。つまり、導入するにあたり、立派なものをこのために用意する必要はなく、できればシンプルなもの、可能であれば中古のものを用意するだけで十分です。タイムカードもそこまで用意する必要はありません。

1ヶ月に必要なのは、社員数分の枚数だけなので、たくさん購入しても使い切れない可能性もあります。少なくとも1年分のタイムカードを用意しておけば問題なく、仮に規模を大きくする場合には、その都度見直していけばよく、その時はタイムレコーダーに関してもよりよいものを見つけていくことが求められます。中古であれば、新品で購入するよりもかなり安く手にすることができます。当面はそれでしのぎ、後で買い直すというのもおすすめです。

中古に関しては専用のお店やリサイクルショップなどで売られており、近年はオークションなどでも購入することができます。しかし、経費として落とすのであれば専用のお店で購入し、一緒にタイムカードも買っておいた方が無難です。オフィスの備品を扱うようなお店には他にも様々なものが置いてあり、中古である程度のものを揃えることができます。クラウドやデジタコのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*