ドラレコとは何かなぜ設置するのか

ドラレコとはドライブレコーダーのを略した呼び方で、いまでは「ドライブレコーダー」と言うより「ドラレコ」の方が主流になってきています。ドラレコとはもともと、タクシーなどの運送事業者に設置され安全運転教育への活用を目的に普及しはじめてていきました。その目的は、事故や自分の運転でのニアミスを自ら映像で振り返り、安全意識を高めていく事により事故を無くすというものだったといいます。最近、このドラレコが人気となっているのですが、設置にすると補助金が出るというような事からはじまり、最近の「あおり運転」などの危険運転行での事故に巻き込まれてしまった時の記録として自己防衛策としてのニーズが高まりました。

車の映像を記録するというドラレコとはどのような機能なのでしょうか。それは、機種によって搭載する機能も様々ですが、事故の衝撃や急ブレーキ・急ハンドルなどをセンサーが感知し映像を記録するものから運転中の映像をずっと録画し保存できるものまであります。最新のものの中には、録画機能の他にも、音声録音機能や駐車監視機能・ナイトビジョン・HDR・静止画の保存機能・無線LAN接続などといった機能もあり自分の必要な機能に絞って選ぶことができます。一般の乗用車に対しては、ドライブレコーダーの装着義務はありませんが大分普及してきたドラレコは、自衛手段の一つとして有効となっています。

安心してドライブが出来る快適なカーライフの為、設置を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*